信頼感と安心感を育てる🌱

日常。決して、日常の空白は無駄じゃなくて、

どんな毎日だって、生きているだけで前進している。

生きているだけで、そこにいるだけで、今日を乗り切るだけで素晴らしいことなんだ🌱

 

「何かあってもなんとかなる」

「わたしは大丈夫」

「リラックスして周りを頼ろう」

「全部失敗したとしても死んだりしない、生きる方法はある」

「いつからだって人は生き直せる、マイペースでいこう」

 

この感覚って大切だなあ、この体感覚が肚にずっしりあると

周りがどうであろうと揺らぎにくい。

 

「わたしは大丈夫」

と感じられている時は必ず、「周りの人に頼れる」という感覚も併せて

持つことができている。

 

 

 

逆に「誰とも繋がれない」「助けを求められない(助けがあっても信じられない)」

そういう感覚の時は本当にしんどい。

「苦しいーーー!!誰か助けて!」と求めて、言葉が返ってきたとしても

心の中で受け取れないのだ。生存が危険モードになって身体中でアラームが鳴り続けてる⚠️

 

 

こういう時は、わたしはまず、何か食べる。

あったかいものを摂る。スープでも、カフェオレでも。

そして首を温める。

 

そして、「助けてーーーーーーー!!!」「誰かー!!」と口に出す。

身体を震えさせる。自分は今、寂しくて怖いんだ、って

ちゃんと、身体で感じる。感情を切らない。

一生孤独でこのまま死ぬんじゃないかという思考・妄想・過去の嫌な経験がどんどん浮かんで出てくるけど、これは思考で現実じゃないと割り切る。

そして体感覚に集中したり、まあいいか!

どうせ、なんとかなっちゃうのがわたしだし。って口に出す。笑

 

それで、親しい友達に、自分から連絡を取る。

元気〜??でも、最近寒いね〜!でもいい。

どうでもいい人じゃなくて、ちゃんと信頼したい人にね。

で、心について話せる人であれば、今辛いんだよぉ、どうしたらいいのかな、

メッセージ読んでくれてありがとね、って打ち明ける。

繋がる感覚が人とないからこそ、感覚がないまま、人と繋がってみようとする。

大抵は安心感は出てこないけれど、その「行動」をすることが大切なので

それだけでOK( *`ω´)!

 

そして、安心感を与えてくれそうだなって人のブログを読んだりする。

大抵、心理士さんとか、カウンセラーさんとか。

ブログってその人の言葉と世界観に溢れているので、

その中に浸って、安心感を頂く。笑

※ここでは、安心感が大切なので、「決意しないと、自立しないと変わりません!」系の

自分を圧迫させそうなブログは絶対読まないでおく。

 

 

安心感や人との繋がりを体感覚で感じていこう。

そしたら自然と動けるようになるよ🌱

わたしは現実を変えたいんだ/応用コースを卒業しました(^-^)!

心理セラピーの応用コースを卒業しました(^-^)!

基礎含めて一年間、あっという間だった!

 

最初に目標設定してから、講座では、両親との共依存や、

PTSDの解放とかいろーんなワークやセッションをしてきました。

ずっと心臓あたりに触れられない恐怖の塊?みたいなモノを抱えている感覚があったんだけど、セッションを受ける中で完全に消化できた感覚があった。

今まではずっと毎日生きているだけで何かに怯えていて、ビクビクして汗かいたりしてたの💧

 

人への投影反応もすごかった、自分の中に抑圧してた強烈な怒りを人に投影して、

通りすがりの街中の人に殺されるんじゃないか、って本気でビクビクしてた。

 

通りすがりの人に殺されないか、と怖いです、ってセラピストさんに伝えたら、

「それはあなたの中に爆発的な怒りがあるから投影が起きているんだよ」

と言われた基礎を思い出す(笑)

家に一人でいるときすら恐怖を感じてた。(だいたい外の世界は内側の写し鏡)

 

トラウマを抱えて生きていくのって本当に大変だったなって身を持って感じた。

セッションでは学校でのトラウマ、父へのトラウマ、母へのトラウマ、全部PTSD反応がドッカーンと出た。それほど怖かったんだね。小さい頃から辛かったよね・・。

 

今は人が怖いが完全になくなったわけじゃないけど、そういった投影はほぼ出なくなったし、日常に安心感を感じれるようになった。抗不安薬も自然といらなくなった。

 

そして、親との関係も、父と母と私の三位一体の共依存から、自分という存在を切り離せたように思う。

 

私の感情は私のもので、父と母も別々に固有の感情を持っていることが腑に落ちた。

セラピストさんに、あなたはあなた、あなたとお母さんはバックグラウンドも全然違う、別の人なんだよ、と言われて、衝撃を受けた基礎のラスト。

今は、逆に衝撃を受けたことに衝撃を受けています(笑)

 

あとはずっと、小さい頃から常に母と連絡を取り続けて、〜で大丈夫かな?と自分の感情までも許可を取らないと不安で不安で生きて来れなかった。

母の大丈夫という許可なしでは生きて来れなかった。

就職してからは、それが母→付き合ってた人、になった。連絡取ることが好きなタイプではないのに、常に連絡をとっていないと安心できなくて自信がなくて寂しくて不安でどうにかなりそうだった。

彼と別れてから、人生で初めて自分の足で立った気がする。

今は、当たり前すぎて、おおお!自分の足で立っている!という感動はあまりないんだけど(笑)昔の自分と比べたら、別人だなあって思う。

自分で考え、行動できるようになったよ。(やっぱり他人じゃなくて過去の自分と比較するのは、めちゃくちゃ大切!!良いね!!)

 

そして、生きる上での孤独感が減った。繋がる感覚を体感覚で感じられるようになった。

今まではどんなに人と一緒にいても孤独。圧倒的な孤独だった。

例えるなら、宇宙でたった一人の孤独な自分、孤立、絶望、恐怖、そんな感覚でいっぱいだった。

例えがうまいなあと思ったあるセラピストさんのたとえ話で、私:全世界=1:99、私だけが世界でたった一人ぼっち、みたいな感じだった。

きっとこれを感じてる人って少なくないと思う。これ本当にきついんだよね。

そもそも繋がりが分からないどころか、舐められないよう、見下されないよう、勝つしかない、と思ってた。だから見栄を張ったりして居場所を得ようとしてたなあ。それでもっと孤独感を強めていくの。(今思い出しても、激痛・・・泣)

それか人付き合いを徹底的に回避!この2択しか、人間関係に存在してなかったの!

それは辛いよ!本当の自分は恥さらしでそれを知られたら死ぬしかないって本気で思ってたよ(笑)

妄想から抜けてよかったー。今も愛着は育み中です。信頼感、って大切だよーー。自分へ、そして人に対する、無条件の信頼感、安心感。これが分かったからすごくよかったな。

 

恐怖が抜けてきてからは、どう生きたいか?どう人と繋がっていきたいか?が大切。

でも今まで、恐怖を感じないよう、感じないよう、ギリギリで生きてきた自分にはその質問がとても難しく感じる。

 

人が怖くて自分を表現して来なかったけど・・

自分を出して相手の反応に関わらず、自分を表現する!という設定をしたことはあるけれど、結局、これって目的は、自分らしさを表現をする、よりも、心地よく相手と繋がる、が目的だから、表現の仕方自体を目的にするのはちょっとずれてる?なんて思ったりした・・😅

 

結局は、心地よさを感じる相手と繋がること、がしたいんだもんね。

そしたら、自己表現よりも、相手に関心を持つことも大切な気がする・・。

あとは心地よさを感じるためにはそもそも自分の心と繋がっていることも大切だね。

そしてそんなに多くの人よりも数少なくてもいいからゆるく、時には深く付き合える、そんな人間関係が望み。

 

そして、どう生きたいか、どう在りたいか。これむずすぎん?質問としてむずすぎ(笑)聞かれても頭真っ白だ(笑)(笑)

うーーん、究極のところ、一日一日をしっかり生きて、小さな幸福を日常から感じ取れる人で在りたいな、と思います。

 

今までの私だったら、超ストイックに生きたい!部屋は常にピカピカ!ダイエットもメイクも自炊も仕事も恋も超頑張る女子になる!って言いそう(笑)

本当にこの生き方きつかったー😅完璧じゃなかったら、0点なんだもん。

頑張ったら頑張っただけ、苦しくなる生き方だったわ。そもそも元が大雑把な人間だから理想とのギャップが大きすぎたよ。

でもそうやって埋めなきゃいけないほど、無価値感が強かったんだよね。それを隠そうと必死だった。

 

今は、その無価値感を持っていることすら、許しちゃえ!って思う。

存分にその痛い部分を認めたら、いつか痛みは薄まっていくし、気付いたら忘れてたりする、って今の自分は思う。

だけど、まだ痛い。うん、でもそれすら許していく。その繰り返し。

だから、無価値感という痛みを感じた上でも、日常に小さな幸福を見つけるという選択肢を選べる私で在りたい。

 

あとは、今年は現実を動かせる年にしたいな、って思います。(あとは人との関わりを変えていく)

そもそも動いていない年なんてないんだけれど。去年までは必死に這いずり回って寒さを凌げる場所を探して生き長らえてたね。

今年はやりたいことや望む方向へ自分から主体的に舵を撮ってみたいと思います。

 

自分はダメ、どうせ失敗する、という恐怖を抱えたままでOK(生きている以上、恐怖はなくならないから)、

そのままの自分で、望んでいるものを掴みにいける、そんな人間になりたいと思います♪( ´▽`)

 

 

 

 

2021年、あけましておめでとうございます🐮

あけましておめでとうございます🎍今年は、丑年🐮

 

f:id:mellowlyy:20210104125312j:plain

 

新年はずっと会いたいって言ってた方と再会できました。鬼滅見たり、楽しかったなあー。

フットワークが重い重いわたしがあんなに楽しめてしまった(*゚▽゚*)

結局はわたしは人は人との繋がりの中で癒されていくんだなあ、って思ったよ。

(そして、苦しいときは怒りや悲しみの下の欲求を見ていくこと。本当の自分自身の願いを知ること。↪︎仲間と話してたことのメモ。)

 

 

新年なので、目標を!と思ったんだけど、グタグタなりそうなので、

思いついたやつを箇条書きにしていくぞ🌟

 

・モノを捨てる。そしてしまう習慣をつける。

・床を綺麗にする。磨く。

・毎日寝る前にお風呂に入る。(疲れすぎて朝シャン多しだからー)

・どうしたいか?よりも、何ができるか?高い目標を持つよりも、今日できることを1つだけでもやっていく。

共依存体質克服。人の感情を飲み込む癖に気付いたので「わたしは受け入れない!」という怒りのパワーを大切にしていく。ちゃんと自分の軸のエネルギーを感じる。

・努力して弱点を克服して自分を愛そうとするよりも、まずは弱点を許すことが本当の自分への愛情だと思う、許すことが何よりも大切。

・身体を動かす。身体を温める。ちゃんと自分の身体を感じる。

・〜べき、〜ねば、思考を緩める。まあ、いいか、で。 

 

 

 




自分に集中する

この前のクリスマスに街ブラしてたときにグッときて購入したお洋服(*´꒳`*)

↓生地の素材感とか、袖がホワホワって広がってるの可愛い。

なんか占い師が着てそうじゃないですか?なんかそういう世界観が今の好みみたい(笑)

 

f:id:mellowlyy:20201227223849j:plain

 

最近、自分の動画日記を見返すのにハマってる。(´∀`=)

動画日記とは、ただ自分が好きに喋ってるのを録画したものね。

誰に見せるとかでもないのに、ふと喋ったことを残しておきたいなあって

思うことが時々あって撮影している。

客観的に喋っている自分の顔を見たり、声を聴いたりして

自分ってこういう風に見えてるんだー(笑)とか思って楽しいんだよね。

あとはこの髪型したら?とか、こんなメイクしてリップはこんなカラーが

似合いそうだな?とか想像するのが楽しくて。

 

 

なんか、今日も仕事しながら「依存心」についてずっと考えてた。

(コールセンターなのに考えながら話せるんかw)

自分ってなんでこんなに依存心が強いんだろう、ってずっと悩んできたんだけれど

そもそも依存心を持ってることって「悪」なのかな?って思うようになってきた。

多かれ少なかれ、人間誰しも持っているものじゃないのかな。

そもそも小さい頃に欲求を大切にされなかったらそりゃあ、大人になってからも

承認欲求の塊になるよね。それって変なことなのかな?自然なことじゃないのかしら。

 

そもそも感情ってすべて今の自分にとって大事なことを教えてくれるサインだから

大切にした方がいいと思う。

強い依存心は、もっと自分の欲求や心の在り方を見つめてあげてね、っていう身体からのサインだと思っている。

まだまだ自分を知る必要がありますよ、ってこと。

自分自身への理解が全然足りてませんよ、ってこと。

あまりにもわたしはわたしのことを知らなすぎたから。

もっともっと自分自身に興味を持って知っていきたいな。自分研究ですよね(笑)

それで少しずつでもどんなに小さくても自分の願い叶えるために「今のわたしに何ができる?」か考えて「行動」をたくさんたくさんしていきたいなー。

 

今回のブログに載せた、お洋服を買ったというのも

自分の「これが好き」という感性を研ぎ澄ますためのちょっとしたチャレンジでした♪

いいの失敗したって。なんども繰り返せばいいんだから。

ほんとちっちゃいことから始めるのがいいよね。楽しんでいきましょう。

 

 

 

ふと浮かんだわたしの夢

わたし、将来、もっともっと親子関係や愛着障害の勉強をたくさんして

知識をつけて、どんどん自分が変化していって、

いつか、母校で愛着についての授業をしてみたい。

世代間連鎖とか投影とか、それによる生き方への影響とか。。

 

大学生ってほんと多感な時期で、自分の本質にいちばん悩みをもつ時期だと思う。

人に飲まれ、右往左往し、人生に悩む。

自分が誰なのか、どうしてこんなにも人生がうまくいかないのか。

自分を知りたい、と思う時期だと思う。

そんな時に少しでも今の自分の苦しみを紐解くきっかけがあれば。

人生は大きく変わる。もっと楽に生きられる。

わたしがそうだったから。ドライバーを強めなくても、

そこまで自分を責めなくたって生きていかれる。

もっと自分を大切に生きていくことができる。

 

わたしは自分が大学生の時、愛着とか安全基地について知れていたら

もっと人生が変わっていたかもと思った。

だからその学びの場をわたしが提供できるようになりたい。

そう思った。

自分を自分で支えられるようになりたい

ふと・・・前のブログを更新してたときにこんな欲求が出てきた。

 

なんかね、大学生まではずーっと、全部生きる上のことは

自分でやるべき!自分で!って感じだった。(全然できてなかったけどね💧笑)

思考は『自立こそが、美徳!』だったと思う。笑

めっちゃ自分にも他人にも厳しくていつもボロボロだった。

本当に抑圧の塊!って感じだった。

 

でもそれから社会人になって就職して、

当時、共依存だった親から縁を切るくらいの覚悟で家を出てから、いろいろ経験して

やっぱり人間一人じゃ、自分だけじゃ生きていけないもんだな、とも思い始めた。

そして、いろんな人と出会って、交流して、

世の中には暖かい人もたくさんいるものなのだなあって思うようになった。

ずっと親との関わりしか知らなかったから。

 

でも上手に甘える、ということが苦手だなあ、ということも分かってきた。

大学卒業まで誰かに甘えた経験がなくて、

少しでも甘えの欲求を出したいと思うと歯止めが効かなくなって

依存になってしまう。人間関係がうまくいかない。

この人を信じたい、と心を開いた瞬間にバランスを崩してしまう。

ほどほどに頼るとか、上手に甘えることが難しかった。

 

本当に、甘えの欲求には苦労というか悩んでる。

彼がいたときも本当に本当に大変すぎた。彼も大変だったと思う。

今まで塞いでた悲しみが全部吹き出してくる。

まともじゃいられないと思った。

あとから落ち着いて振り返ると、本当に好きだったからこそ愛着を感じて

抑圧してきた感情が一気に吹き出していたんだなあ、と思った。

あの時はなんでこんなに苦しいのか、憎いのか、寂しいのか、悲しいのか、

泣きたいのか、分からなかった。好きだなあ、と思うと涙が込み上げてくる。

笑顔の〇〇ちゃんがいちばん好きだよ、って言われたのも

すごくあの時は悲しかったんだなあ。

 

 

そう、話戻すと、人はひとりでは生きていけない、は、本当にその通りだと思うの。

誰しもが弱さを持ってて、人との繋がりの中で人は生きていくから。

 

でも心の状態はその人自身がケアをすることが

とってもとっても大切なんだと思う。

これ、そう思えたのは最近。

自分で自分を愛する、って寂しい言葉だなって思ってた。

だって誰かに愛されたいじゃない。

自分で、自分で、、って全部自己完結なの?さみしくない?って。

 

でも誰しもそういう面では、恋愛していて彼がいても結婚してても

心のいちばん深いところを支えるのは自分自身なのだと思う。

これは自分がちゃんと男性とお付き合いをしてみて初めて感じるようになった。

 

そして、自分の心を自分で支えることを生まれつきできる人もいれば

できなくて、恋愛依存・アルコール依存・摂食障害とかになる人もいると思うし、

いろいろ人の手を借りつつも後天的にできるようになる人もいると思う。

 

わたしはいちばん後者を目指しているよ(*´ー`*)

 

 

 

自分の機嫌をどうしたら上げていけるだろう?

どしたらご機嫌になれるかしら?

嫌なことがあったらどんなふうにケアをしたら心が癒されるのかな?

もっともっと、自分に興味を持って、自分を知って

これからも探して、どんどんブログに更新していきますね(*´꒳`*)

嫌な感覚を感じると頭真っ白、感情切っちゃう癖がある

やっほー🌟メリークリスマス🎄🎅

今日は朝からオンラインで心理の勉強会に参加していました。

朝から頑張ったんやで♪( ´▽`)

 

 

 

今日は「嫌な感情を感じた時のわたしの反応」について考えてた。

相手から嫌なことを受け取ったとき、自己嫌悪に陥るとき、

わたしたくさん甘いものを食べてすぐさまベッドに潜りがち。(おでぶやん)

んで、感情を切ったり、頭を真っ白にしてスマホいじいじする。

 

そうだ、やっぱり”怖い”を感じた時の対処方法というか心の動きが分からないんだー。

怖くて、何をどうしたらいいか分からなくなっちゃう。

気持ちをそらすことができないし、嫌な出来事に執着しちゃうし

このやろー!くそー!と怒るエネルギーも

まあ相手は相手、自分は自分!という理性?的な動きもわたしうまくできないわ。

どうしても相手の怒りや嫌な感覚を飲み込んでしまうから、

 

自分の感情を凍結させて解離させるしか自分を守る方法がないのだわ、って気付いたよ。